その隙間に入り込む

「俺の身の回りは複雑怪奇なことばかりだ。このブログの中だけでいいんだ、シンプルにさせてくれ。」そんな隙間を求めてブログにやってきたサラリーマンです。simpleなモノをこよなく愛しアマゾンをさまよっています。ゲーム、モノ、ライフスタイルを中心にざっくばらんに書きます。

2月某日に会社を退職することになったので荷造り始めました。

12月は雪が全く降らなかったのに、1月下旬になってから降雪量が増えて、困ってます。体が追いつきません。。。


さて、1年前くらいか会社を辞めようと考え始めて、だらだらと日々を過ごしていましたが、意を決して会社を退職することにしました。(ただ精神と肉体の限界だった。笑)
退職理由はシンプルで職場環境が自分に合わなかったということです。具体的にいうと上司の言っていることに「はい」と答えることがよしとされる環境に合わなかったということです。(職場の同僚は良くしてくれたがみんないなくなった。笑)労働時間は適正だったのですが、どうしても環境に我慢できなかったです。
そんな環境だったので、辞めて後悔というものはありません。強いて言えば、もう少し早く退職を決断すればよかったということくらいですかね。次の会社を決める前に辞めてしまうことになるので、限界が来る前に退職を決断して転職活動しとけばよかったと思います。まー今のところ金銭的に余裕があるのでゆっくりしようかと思います。

退職がきまり、荷造りを始めました。部屋が片付くと、自然と頭の中も整理されているようでなんだか心地よいです。私にとっての家は休息をもたらすことが大事なのでそのための空間づくりが必要なのかもしれません。すっきりした部屋では幸福と安堵間で満たされてます。今までは、ゲームや、本、テレビ、パソコン、スマホなど多くの娯楽がありましたが、休息をとるための家には必要なかったのかもしれません。そう気づかせてくる引っ越しも悪くないなと。次からは娯楽と休息は別の空間に作るようにうしたいとおもいます。

今日は荷造りもここまでにして、瞑想して寝ることにします。明日の仕事もぼちぼちやっていきましょう。。