その隙間に入り込む

「俺の身の回りは複雑怪奇なことばかりだ。このブログの中だけでいいんだ、シンプルにさせてくれ。」そんな隙間を求めてブログにやってきたサラリーマンです。simpleなモノをこよなく愛しアマゾンをさまよっています。ゲーム、モノ、ライフスタイルを中心にざっくばらんに書きます。

2か月連続で残業時間が40時間超えて思った。

2か月連続で月の残業時間が40時間を超えました。40時間でも結構しんどいです。(学生時代は朝7時に学校につき、夜の9時に家につく生活を週5でこなし、土日は部活で半日つぶれる生活をしていた私です。学生の時は金が絡まないから精神的には幾分か楽でした。あと授業の3分1は寝てたから状況は違います。)

 

月40時間残業すると、家に帰ってきたらほとんどなんもやる気が出ないので、家事全般土日に行う生活に陥ります。家事の中でもご飯は作らなくなり、掃除は2週間に1回くらいになりました。もともとやる気がない人間だからかもしれないですが。。。

 

残業40時間を超えてくると業務にかなりの支障が出てきます。常に焦っている状態が続くのでミスが多くなる→怒られる→ミスを処理する仕事が増える→モチベーションが下がるの繰り返しです。結果、今までよりも働くのが嫌になりました。どこかでこのサイクルを絶たねばなるまいがまだしばらくは続きそうです。というのも、現在の仕事にやりがいを感じていないので、仕事を変える必要があるかもしれないです。新卒から今の会社で働き続けていいます。今後の自分のキャリアを考えると転職してみて自分の適性に合う仕事を見つける必要がありそうです。人生まだ長いですからね。

個人的には最低限の金を得られればやりがいのほうを取る性格のようです。これも働いてから切に思うようになりました。いくらお金を積まれても、信頼を裏切ることや誰かの嫌がることを平気でやるとかは自分にはできないです。これは、会社で働くうちに卑怯なことをする人たちをを見て本当に思いました。

 

そろそろ転職だな。(笑)


世間では月の残業時間が100時間を超えている人も少なからずいるとのことです。
私が100時間の残業をした場合、鬱になること間違いないです。逃げるは恥だが役に立つようです。

それでは

 

逃げるは恥だが役に立つ(1) (Kissコミックス)

逃げるは恥だが役に立つ(1) (Kissコミックス)