その隙間に入り込む

「俺の身の回りは複雑怪奇なことばかりだ。このブログの中だけでいいんだ、シンプルにさせてくれ。」そんな隙間を求めてブログにやってきたサラリーマンです。simpleなモノをこよなく愛しアマゾンをさまよっています。ゲーム、モノ、ライフスタイルを中心にざっくばらんに書きます。

約10年ぶりに歯医者に行ったら、意外と為になった話完結②

さて、前回の記事の続きを書いていきます。 

www.kuramatu777.com

 

前回、唾液検査をしたところまで書きました。

唾液検査後、唾液検査の結果と歯の掃除、次回からの治療方針のの説明の為、歯医者に向かいました。
受付を済ませてしばらくすると治療室まで案内されました。まず、唾液検査の結果の前に虫歯を引き起こす要素について説明を受けました。

虫歯を引き起こす要素を大きく4個に分けると以下になります。

1、食生活

2、口内細菌

3、唾液量

4、歯のメンテナンス

 

この4つの要素によって虫歯になりやすいか、なりにくいかのリスクを判断できるとのことです。この4つの要素を細かく見ていくと。。。

 

1、食生活

口の中は通常は中性の状態です。この状態から、食べ物を食べると急激に口内が酸性の状態に傾きます。これは、ミュータンス菌が糖類を代謝して酸を作り出すためです。この酸が歯のエナメル質を壊し虫歯の原因を作りだします。食事を日に5、6回とったり、おやつをだらだら食べたり、ジュースを飲んだりと口の中に糖類を入れれば入れるほど虫歯のリスクは高まります。そのため、食生活の改善が虫歯予防に大いに役立ちます。(甘いものを食べると虫歯になりやすくなるとよく聞きますが、そのことについて深く考えたことはありませんでしたがミュータンス菌の影響でした。)

2、唾液量

先ほど、食事をすると口内は酸性状態になると説明しました。この酸性状態を通常の中性の状態に戻すことをのが唾液の働きで唾液緩衝能と呼びます。唾液緩衝能は唾液量に大きく関係し、唾液量が多いほど口内を酸性から中性に戻す力が強いといわれています。唾液の量は、ガムをよく噛むようにすると増えるとのことです。

3、口内細菌

虫歯に関係する口内細菌は、先ほど紹介したミュータンス菌とラクトバチラス菌に大きく分けれます。ラクトバチラス菌はミュータンス菌が歯のエナメル質を壊した後に、虫歯を大きく深くする菌です。ラクトバチラス菌は口の清掃状態や、糖分をどの程度取ったかに依存しています。したがって、ラクトバチラス菌は口内を清潔にすることと、糖分の摂取量を控えることで抑制できます。一方ミュータンス菌は口内感染するもので、生まれたときには口内には存在しない菌です。小さいころに、親や親族から食べ物を口移しされたり、同じ箸、スプーンなどを使うことで感染します。ミュータンス菌は小さいころの感染で菌の量が決まってしまい大きくなってから完全になくなることはないそうです。

 

4、歯のメンテナンス

最後に、あたりまですが歯のメンテナンスをしなければ虫歯になる確率が大きく上がります。歯の汚れを取ることは勿論ですが、歯のメンテナンス次第ではミュータンス菌を大きく減らすことが出来ます。ミュータンス菌を減らすためにはフッ素が有効です。フッ素が含まれている歯磨き粉を使用することでミュータンス菌を減らすことが出来ます。私が歯医者さんで勧められた歯磨き粉とデンタルフロスを紹介すると

 

ライオン チェックアップ スタンダード 120g【医薬部外品】

ライオン チェックアップ スタンダード 120g【医薬部外品】

 

 上のチェックアップスタンダードは研磨剤が含まれているので歯の汚れを取るのにうってつけ。もちろんフッ素も入っています。お値段も安めです。私も使っていて歯がつるつるになるのが実感できます。

 

コンクール ジェルコートF 90g

コンクール ジェルコートF 90g

 

 コンクールジェルはお値段が少し高めですが、歯周病や口臭が気になる人にも効果があるとのことです。もちろんフッ素も入っています。こちらも個人的に購入し使っています。口の中がすっきりして、以前よりも歯茎に張りが出てきました。歯ブラシをしているときに血が出にくくなったような気がします。口臭も、以前は歯磨きをしてから数時間もするとにおいが気になっていましたが、これを使い始めてから気になることが少なくなりました。おすすめです。

フッ素付き フロス フロアフロス 45m × 2個

フッ素付き フロス フロアフロス 45m × 2個

 

 歯の間の汚れもしっかりとることが重要です。上のデンタルフロスは他のデンタルフロスよりも繊維数が多く汚れをしっかりと取ります。フッ素も含まれています。

 

私は、唾液検査と唾液量は平均値を大きく上回り虫歯ができにくい環境だということが分かりました。しかし、歯のメンテナンスが雑なのでしっかりやってくださいと叱られました。今回の検査で口内環境に興味を持ち、口内を清潔に保つことがいかに重要か理解することが出来ました。虫歯以外にも歯周病、歯槽膿漏などにならないよう気を付けていきたいと思います。