その隙間に入り込む

「俺の身の回りは複雑怪奇なことばかりだ。このブログの中だけでいいんだ、シンプルにさせてくれ。」そんな隙間を求めてブログにやってきたサラリーマンです。simpleなモノをこよなく愛しアマゾンをさまよっています。ゲーム、モノ、ライフスタイルを中心にざっくばらんに書きます。

サラリーマンとして働くことのリスク。サラリーマンとして働くことのリスク回避。

 

こんばんはくろまつです。

サラリーマンで働くことの限界を思い知らされる今日この頃です。みなさんいかがお過ごしでしょうか。特に転勤族のサラリーマンみなさん、来年度はどこでどの上司に仕えるか不安な日々をお過ごしの方も多いでしょう。

 

そうです。私もその一人です。しかし、私はみなさんと少し状況が違うかもしれません。というのも、私の上司は社内でも有名な仕事ができない方です。仕事ができないだけならまだしも、部下の行動はすべて把握し、自分の指示指導に従わせることが会社の為だと本気で思っているような方です。なので、転勤した場合はすくなからず職場環境が改善されます。

 

愚痴はここまでにしまして。(すいませんでした)

 

このようなことは1つの例としてサラリーマンとして働くことは多くのリスクがあるわけです。

他にも週5日8時間働くあるいはそれ以上の時間を仕事に費やす。職場環境から精神的なダメージを多く受けて働くことが難しいくなる。あるいは普通の生活すらも難しくなるなども考えられます。

一方で、サラリーマンとして働くことで大きなメリットもあるでしょう。例えば会社の信用により、社会的信用を得れる。一度正社員として雇用してもらうと首にされることはまずないので安定的な収入を得られるとかね。いいこともたくさんあるわけです。

 

しかし、

どうしてもサラリーマンとして働くことが難しくなってしまったり、60歳を迎え十分な貯蓄がない場合どうしたらよいのか。ふと考えるわけです。ゆとり世代だけど将来が不安な人も多いのです。

 

そこで、

どのようにサラリーマンとして働くリスクを回避していくのか考えたわけです。

 

1、資産運用

株式投資を早い段階ではじめ、老後の資産として残す。現在1つの銘柄を700株保有。

今後増やす予定。

2、支出を最小限に抑える

保険、携帯電話などの固定費の見直し。今のところ保険は10000円、携帯は2000円ほ

どです。車の所有はしない。

3、自分に投資する

資格や語学などの知識獲得し資産として保有する。なお、宅建と英語を勉強しようと 思っただけで進んでいない。

4、独立の道を探る

アフィリエイトや独立してできる仕事について調べる。アフィリエイトは勉強の過程だが自分には向いてない気がする。(笑)独立してやれる仕事に関しては今よりも環境が悪化する可能性高い。

 

自分なりに上記の行動を起こしていますが、めぼしい成果は得られず。なぜ、成果があまり得られていないか考えてみると、目標や目的が明確でないからだと思います。(このブログもそうですが方向性がいつまでも定まらない。笑)

目標や目的が明確にできていないと、そこに向かって逆算して考えて行動することが出来ないからだと思います。

 

明日から、目標立てよう。(笑)

とりあえずは2月中には決まるであろう、人事異動が良いことを願う。

 

おやすみなさい。