その隙間に入り込む

「俺の身の回りは複雑怪奇なことばかりだ。このブログの中だけでいいんだ、シンプルにさせてくれ。」そんな隙間を求めてブログにやってきたサラリーマンです。simpleなモノをこよなく愛しアマゾンをさまよっています。ゲーム、モノ、ライフスタイルを中心にざっくばらんに書きます。

会社を愛しているのかor遅刻したらOOOされる恐怖からか。どちらにせよぼくは感動した。

news.yahoo.co.jp

 

昼ご飯を食べながら、日経平均株価を見て愕然とした。それ以上にヤフーニュースのこの記事に愕然とした。

 

40代会社員男性が会社の大事な会議に遅れないために、停車した電車から降りて、線路を歩き会社に向かおうとしたというもの。。。

 

開いた口がふさがりませんでした。どのような経緯から、このような行動に出たのか。「私が考えなければ、誰が考えるのか。やはり私が考えざる負えない」という身勝手な使命感からキーボードを打つことに決めました。

 

彼の主張によると「大事な会議に遅れるわけにはいけない」とのこと。確かに大なり小なり会議というものは大事だろう。(会議と呼ばれるものの大半は必要ないと、個人的には思う。)しかし、64000人の方に迷惑をかけたわけだ。それほどまでに危機迫る会議だったのだろうか。もしそのような会議が開かれるならば一度参加してみたい。64000人もの人の行動を変えうる、その会議に出てみたい。どのような決定がその会議で行われるのか私の頭では到底考えられない。(もちろん多くの人に影響を与える会議はあると思いますが私が経験することはないであろう)

 

待てよ。もしかしたら単純に、多くの人に迷惑をかけると思はなかったのか、いやそんなことはない。40歳になる会社員男性が線路の上を歩けば多くの人に迷惑がかかるのはわかるはず。もしかして、それをわかりつつ自己中心的な考えで線路を歩いたのだろうか。もしそうだとしたら断じて許せない。特に日本人お得意の団体芸を乱すなんて許せない。

 

いやいや、待てよ。もしかしたら会議に遅れたことで、会社からとてつもないペナルティーを与えられているのだとしたらどうだろうか。。。会議に遅れたら〇万円罰金、拷問などされていたら、そういう行動に出るかもしれない。そうだとしたら、諸悪の根源は、この社会を構成する一つの会社の影響によるところが大きい。会社の規則に縛られた故に社会に迷惑をかける。

 

いろいろ想像しているだけで、怖くなってきた。(笑)

何はともあれ、この状況私なら会議遅れるラッキー、上手くいけば会議に出なくていいかもと思うだろう。こんな身勝手な私だが、40代会社員と比べどっちが身勝手なのだろうか。もはや、比べることすらばからしいけども。。。そんなことを考えながら、お昼寝した今日の午後でした。