その隙間に入り込む

「俺の身の回りは複雑怪奇なことばかりだ。このブログの中だけでいいんだ、シンプルにさせてくれ。」そんな隙間を求めてブログにやってきたサラリーマンです。simpleなモノをこよなく愛しアマゾンをさまよっています。ゲーム、モノ、ライフスタイルを中心にざっくばらんに書きます。

ここ2か月テレビをほとんど見ないで過ごした俺が久しびりにテレビを見て思うこと。

お疲れ様で-す。

くろまつです。

先日までネットでもリアルでも騒がしかったハロウィンも終わりすっかりクリスマスモードですね。

私はあまりイベントに参加しないためかリアルでのハロウィンの雰囲気はあまり感じ取

れずに終わりました。

参加したら楽しいんだろうな。。。(笑)

 

今日のテーマはテレビです。

最近の若者はテレビを見ないといわれます。20代の私もその一人です。テレビをつけっ

ぱなしにしていることはあれど、ちゃんとテレビを見る時間は朝の15分くらいです。高校くらいまではテレビをかじるように見ていたのですが大学生くらいから抒情に見なくなりました。

私よりも若い世代は特にテレビを見ないのではないでしょうか。

 

なぜテレビを見なくなったのか?

個人的にお笑い番組をそこまで見ないので、仕事から帰って来てテレビをつけるとお笑

いばかりで見る気にならなかったです。ドラマも見れば面白いのが分かっているのです

が毎週見ることが億劫なので見なくなりました。(笑)めんどくさがりの弊害です。

 

では、テレビを見ないで何をしていたのか?

おもにユーチューブを見てました。カテゴリーとしては、ゲーム実況>モノ紹介>音楽

>教養系てな感じです。自分の好きなカテゴリーを絞って見れるし、早送り、巻き戻し

簡単にできるのでとても便利。なおかつ満足感も高かったです。

他にも本を読んだりゲームしたり、家事をするなど普通に過ごしてました。

 

久しぶりにテレビを見て思うこと

やっぱり動画を作るプロ集団だなと実感。素晴らしいの一言です。とくにNHKの番組は

知的好奇心をくすぐるような番組が多く見ていて面白いです。そのテーマごとに視聴者

に物事を考えさせるような番組の構成は圧巻です。特に好きな番組はオイコノミア、

スーパープレゼンテーションの二つです。どちらもその道のプロが語る、トークする内

容は刺激的です。

 

ユーチューブなどの動画とテレビ動画の違い

私が思うにユーチューブなどの動画は何となく見ていて楽しい。集中しなくてもなんと

なくの満足感に浸れるものだと思います。

一方でテレビなどの動画は、考えながら視聴することで楽しむことが出来るものだと思います。

まとめ

ユーチューブなどの動画は短い時間でさっと楽しめるのがいい。

テレビは30分1時間など単位で集中してみるのが楽しい。

ありきたりですがその時々で自分に合った見方をするのが良いです。

追記

最近ユーチューブの見過ぎだろうか飽きっぽくいる気がする。

ブログを文書くようになって相手に伝わりやすい文章を書きたいとつくづく思う。もっと文章練習しよう。