その隙間に入り込む

「俺の身の回りは複雑怪奇なことばかりだ。このブログの中だけでいいんだ、シンプルにさせてくれ。」そんな隙間を求めてブログにやってきたサラリーマンです。simpleなモノをこよなく愛しアマゾンをさまよっています。ゲーム、モノ、ライフスタイルを中心にざっくばらんに書きます。

続世界同時株安

headlines.yahoo.co.jp

どーもくろまつです。

今日も株安の話からしようかなと。。

日本も景気が良くなってきたのかなと思っていた矢先、世界同時株安の影響で、日経平均株価も下がり景気の後退が危ぶまれ、与党に対しても強い批判が起きています。

アベノミクスでは多くの国債を発行し日本円を多く市場に供給しました。しかし、多くの日本円が発行されたということは確実に国の借金が増えています。これは誰が返すのか?誰というのは難しいですが、日本円を扱っている人たちや、日本に住み人には大きな影響があるのは想像できます。最終的にはどのよう形であれ借金は返さなければいけません。国の支出を減らし、税金などを増やし国の収入を増やすのが一般的な考えですが、国民や企業からしたら、税金を取られるのは嫌ですし、景気が後退する可能性が高かまります。ではこのまま国債を発行し続けるのか?

発行し続けたら間違いなく国は破たんし、円の価値は限りなく0円に近くなり、借金の価値も0円に限りなく近くなり、借金が相殺されるという最悪なシナリオも考えられます。

アベノミクスが間違っているのか判断するのは難しいです。それはひとぞれぞれの見方によるところも大きいと思います。ただし、日本が多くの借金を抱えていることを把握し何かしらのアクションを起こさなくては私たちの持っているお金が紙になる可能性があると一国民として把握しとく必要があると思います。

 

真面目に書きましたが、だいぶ前から日本の借金は問題視されています。

そろそろ、日本円だけじゃなくドルなどの通貨を持つのも一つの手ですし、金を買うのも手ですね。

私自身も危機感を持って生活しなければなりませんね。

 

さて今日の支出

3540円。

飲み会にて出費がかさんでしまった。