その隙間に入り込む

「俺の身の回りは複雑怪奇なことばかりだ。このブログの中だけでいいんだ、シンプルにさせてくれ。」そんな隙間を求めてブログにやってきたサラリーマンです。simpleなモノをこよなく愛しアマゾンをさまよっています。ゲーム、モノ、ライフスタイルを中心にざっくばらんに書きます。

【アマゾンプライムビデオ限定】今田×東野カリギュラ東野、鹿を狩るがリアルで地上波では放映できないレベル。

 

 

 ふと気づくと 

最近TSUTAYAやゲオに行ってDVDやCD、マンガを借りることが少なくなりました。

 

というのも、

HuluやNETFLIKSなど多くの動画配信サービスで映画やアニメ、ドラマが見放題だし、マンガは借りるよりもマンガ喫茶に行って読んだ方が安く済む。しかも種類も多いです。

ゲオやTSUTAYAはレンタルの売り場を縮小して、中古携帯の販売に力を入れてき

てるので、今後レンタルの売り場は縮小傾向ですかね。なんとなくさみしい気もします。

 

さて、

私が利用している動画配信サービスはアマゾンプライムビデオです。

アマゾンプライムビデオとは年間3900円を支払い、アマゾンプライム会員になることで利用できるサービスです。(ちなみにHuluは月額933円、NETFLIKSは650円~からです。)

アマゾンプライム会員になると他にもたくさんのサービスを利用できます。

例えば、「音楽配信や配送料無料、配送時間帯指定、対象のキンドル本を月一冊無料で読める、日欧品を安く買うことができる」などのサービスがあります。

 

話がだいぶそれましたが、アマゾンプライムビデオ限定で放送されている「今田×東野カリギュラ」の番組で東野鹿を狩るっていう企画があり、これがとんでもなくリアルです。(個人的には将来狩人になりたいので面白かったです。)

東野は情熱大陸で、サバイバル登山家の服部文祥の特集を見て狩りに興味がわき、今回の企画が実現したとのこと。 この企画をテレビでやろうとして過激な映像になるからと、却下になったそうです。

 

サバイバル登山家の服部文祥ってどんなひと?

まず、サバイバル登山というのは、食料を現地調達し装備を極力排した登山スタイルのことです。(服部文祥が自ら名称)

服部文祥は、自然にフェアでありたいという考えをそれを体現している人です。

自然とフェアと聞くと???という感じですが、彼は、食物連鎖の中に自分も組み込まれていて、食べるものはなるべく自分で取り、調理し食べる、もしかしたら自分も狩りの過程で捕食されることもある。しかし、現実社会では、その食物連鎖から隔離されているのがフェアじゃない。という考えを持っています。

 

服部文祥 - Wikipedia

 

そんな服部文祥に教えを乞う形で、東野は北海度の大地へと狩りへ出かける番組です。

映像が過激なため、苦手な人は気持ち悪くなるかもしれないので、注意してください。

狩りに興味がある人なら、ぜひ見てほしいです。